山奥ニートの日記

ニートを集めて山奥で住んでます。

山奥ニート、山下陽光に会いに行く

 

さて、まるのこさんに会ったときに、山下陽光が面白いって話を聞いたので、見に行った。

山下陽光さんは元『素人の乱』メンバーで、今は長崎で服を作っている人。

ブランド名はその名も『途中でやめる』。

f:id:banashi1:20161017174135j:plain(山下陽光日記より)

うーん、ファッションセンスがないぼくにはヘンな服にしか見えない。

でもブログは面白い。ひとつのセンテンスに注目するところが面白い。

この記事なんか特に好きです。

猪子さんのインターネットがストリート | 山下陽光日記

東京大丈夫か?インターネットに負けてるぞ - 場所っプ

 

行ったのは名古屋のCafe Parlwrで開かれたトークショー。

雑誌MONOQLOについて熱く語ってました。ぼくもコンビニ行くたびに立ち読みします。あとは『新しい骨董』。

f:id:banashi1:20161017175515j:plain

こんな感じの「どう見てもただのゴミ」を売ってます。これが結構売れるから面白い。

ゴミを売ることで資本主義をバカにしてる。ちょっと真似したくなる。

そういえば前に、うちの前の川で「めっちゃ水切りできそうな石」を集めて売ろうかと思ったことがあったっけ。

トークショーの後に、話しかけようかと思ったけど、まったく足が前に出ない。

山奥に長くいたせいなのか、踏み込みが甘くなっている…。ただのニート時代のほうが勇気があった気がする。

話しかけるの諦めて帰ろうと思ったときに、山下陽光さんの方から話しかけてくれた。

「どこから来たの?」 和歌山から… 「もしかして山奥ニート!?」

という感じで、話すことが出来た。

向こうから話しかけられるとは! 完全に負け。ビール奢ってもらった。

「山奥ニートは普通のニートがやってるところが面白い」と言われて、ハッとした。

そういえば、ぼくとジョーくんとヨシくんだけの時に、「phaさんや寝太郎さんみたいに高学歴じゃなくてもニートが生きていけると証明してやろう」って話をしたんだった。

思わぬところで、山奥ニートの初期衝動を思い出した。

f:id:banashi1:20161018104144j:plain

twitter.com