山奥ニートの日記

ニートを集めて山奥で住んでます。

山奥ニート、ギルドハウス十日町に行く

f:id:banashi1:20170718112658j:plain

ギルドハウス十日町に遊びに行きました。

「ギルドハウス十日町」とは一体何なのか。

一言で表すと、若隠居した西村治久さん(通称ハルさん)のお宅です。

古民家を改装していて広いので、いろんな人が遊びに来るし、空いている部屋で寝泊まりしている人がいます。だから、見ようによってはゲストハウスだったりコワーキングスペースだったりシェアハウスでもあります。

場所は新潟県の南、十日町市。山のほうにあるけど、私鉄の駅から歩いて15分と意外と好立地。

リビング。大体ハルさんがここに座っていて、来る人を出迎える。

f:id:banashi1:20170718114559j:plain

キッチン。きれいに改修されている。手前のでかい瓜(夕顔)は、お土産として僕が持っていったものです。f:id:banashi1:20170718113837j:plain

二階。遊びに来た人はここで雑魚寝。ハンモックがいい感じ。

f:id:banashi1:20170718115439j:plainf:id:banashi1:20170718115422j:plain

ご飯。品数が多い。いつもどんぶり飯のうちとは大違い。

こういうのは女将さん的な人がいると違うなー。

f:id:banashi1:20170718115308j:plainf:id:banashi1:20170718112704j:plain

カレー美味しかったです。

この日は自転車旅の途中の女の子と、小学生の娘さんを連れた家族が泊まりに来てました。

ハルさんがいい味出してるんだよー。僕の上位互換みたいな人ですね。ああいう風になりたい。

僕が行った時は連休だったせいか、住人はほとんど外に出ていて静かだったそうだけど、それでも刺激的な場所だった。

うちには芸術家とか外国人が来たことないもんなー。ちょっと羨ましいな。うちに特殊な才能や技術を持った人が来ることは少ない。それはいい面でもあるけどね。あんまり優秀な人ばかりだと僕がいづらくなるし、何よりうちはやる気がない人ばかりだからトラブルが少ないんだと思う。それでも、うちに来たニートが住人や遊びに来た人に影響されて、絵を練習したり、音楽をやり始めたりしたら素敵だな。ちょっと今はみんなバラバラすぎるのかもしれない。イベントとして全員が集まって何かするハレの日を作るべきなんじゃないかと思った。祭りを作ろう。

f:id:banashi1:20170718135325j:plain

あと、家の中にバーがあるの、超うらやましいな。これ作りたい。僕の部屋がある離れの入り口の部屋、人が寝るには床が貧弱すぎるし隙間多すぎるけど共有スペースとして何かの場所にできるんじゃないだろうか。今は物置になってるけど、そんなに労力書けずにできないかな。

ギルドハウス十日町は間違いなく僕のロールモデルのひとつになった。また行くこともあると思う。そこであったらよろしくおねがいします。

 

note.mu

 

広告を非表示にする