読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山奥ニートの日記

ニートを集めて山奥で住んでます。

貧乏と恋愛と子育て

pha.hateblo.jp

恋愛って、最もお金がかからない趣味だ。必要なのはお互いの心と体だけで、基本的に原価はタダみたいなものだ。

うん、それはphaさんの言う通りだと思います。

お金ない同士で恋愛や結婚ができないわけじゃない。

問題はその先。

結婚の話をしたら、子供の話に触れないわけにはいかないじゃないですか。

貧乏で恋愛することを「けしからん!」と言う人はあまりいない。

でも、貧乏で子供作ることを「けしからん!」と言う人は多いんじゃないかな。

お金がない親は子供に高等教育できない。そんな人が増えたら、日本の教育水準が下がってしまう!

高等教育どころか、ニート同士が結婚して子供産まれたら、一体どうやって子供を食わせていくのか!

働きたくないニートが貧乏暮らしするのは自己責任で何の問題もないけど、親が働きたくないという理由で子供に貧乏暮らしさせるのは絶対に良くないよね。

だからニートが結婚しようとすると、周りは良く思わない。

そしてその前段階の恋愛でも、ちょっとどうなのと苦言を呈する人がいるんだと思う。

f:id:banashi1:20170422020906j:plain

僕もよく「結婚したいの?」と聞かれる。

そのたびに答えることは決まっている。「価値観の合う人がいれば」だ。

しかし「子供は欲しい?」となると、一体どう答えたものか。

親になった僕を、今の僕は想像できない。

だけど、子供が作れない、次世代にバトンを繋げない「生き方」は、果たして「生き方」と呼べるのだろうか。一時的な「状態」と呼ぶべきなんじゃないか。

僕は今、山奥ニートをしていて毎日とっても楽しいです。

でも、これが一時的な「状態」だとしたら、それは悲しいことだ。これから先ずっと続けていける「生き方」だったらいいと思う。

5年後、10年後のこの山奥に子供の声がしていたら、その時に初めて山奥ニートが「生き方」になる気がする。

だから会社勤めしないで子供を育てている人の生き方に興味がある。

たとえば共育学舎の三枝さん、たとえば途中でやめる』の山下陽光さん、たとえば同じ和歌山のゲストハウスikkyuの森くん、たとえば昔のヒッピーコミューン。

その人たちは会社勤めしてないだけでしっかりナリワイを身に着けていて、ちゃんと稼いでいる。「なるべく働かない」という価値観のまま子供を育てるのは無理なんだろうか。

海外ドラマ『フルハウス』は僕のあこがれだ。ずっと前からあんな暮らしがしたいと思っていた。あるいは『よつばと!』とか。ドラマ『人にやさしく』でもいい。なんかそんな感じで突然子供がうちに来て育てることになったら、ニートが親になることもあり得る?

所詮ドラマの話だ。

この話はどん詰まりで、ニート的価値観の敗北だと認めざるを得ない。

お金がなければ子育ては無理。

貧乏人はそれを念頭に置いた上で恋愛や結婚をしなくちゃいけない。

それはやっぱり、異性に声をかける時に枷となる。

可能かどうかで言ったら、貧乏でも恋愛は可能だけど。

恋愛の最終段階に言及しないまま、貧乏でも恋愛できると言うのはなんかずるいなぁと思います。

山奥ニート、新人育成に悩む

ニートってのはアウトローなわけですよ。

なんのかんの言ったって、社会のレールから外れていることは確かなことだ。

ニートという概念は新しいので、先人ニートが残したものは少ない。

だからニート道を究めようとするときに、他のアウトローの生き方を参考にしないといけない。

他のアウトローとは、ヤクザだったり、芸人だったり、山伏だったりです。

そういう人たちとニートの大きな違いは、ニートニート同士のつながりが薄い点だ。

他のアウトローは上下関係にとても厳しい。それは社会の常道から外れ、自分の力で生きていくためにはたくさんの決まり事を覚える必要があるからだろう。

で、我が共生舎を見てみる。

ニートとはいえ、共同生活をしてるんです。

上下関係が強いかどうかは古株の僕には判断しづらいところがあるけど、少なくとも新人いびりみたいなことは絶対にない。そもそもみんなで集まって何かすること自体が稀だ。

一応、年上の人には敬語を使ったりはする。

でー、今18歳の子がうちに来ていて、その子が敬語苦手なんだよね。うちの中で敬語できないのは別にいいんだけど、出稼ぎに出た先で敬語使えないと色々トラブルの種になったりする。

そうなってくると、やっぱ未成年だし色々教えたほうがいいのかなー、なんて思う。

芸人の世界みたいに、敬語の使い方、あいさつの仕方、不快にさせない話題の振り方なんかをビシバシ教えていくのが、彼のためになるのかもしれない。

それに、彼が仕事先の人に失礼をすることで、他の人の仕事が減るかもしれない。

僕が18歳の時なんか、敬語なんて使いこなせなかったよ。敬語の必要性がわからなかった。それが当たり前だと思う。

でも、そういうことを後輩に教えていくべきなのかなぁ。

ニートなのに。アウトローニートだからこそ?

だけど、教育ってのはどうしたって暴力だ。

相手の価値観を否定して、自分の価値観に変えるんだから。

そうやっていくうちに、うちの中での上下関係は強くなっていくだろう。年上や先輩がえらくなっていく。

うーん、どうなんだろうね…。

いかにして後輩ニートの育成をしていくか、これは課題のひとつである。

山奥と花粉症

「花粉症なんだけど山奥に住めますか?」って質問をよく受ける。

どうなんだろうなー。

確かに周りはスギだらけだ。

春先になると空が黄色くなるほど花粉が飛ぶ。

でも僕も花粉症なんだけど、山奥にいる時のほうが断然症状が軽い。

不思議なもんで、街中にいると鼻水が常に詰まっている状態なのに、山奥だと鼻通りバッチリだ。目いっぱい鼻から空気を取り入れられる。

でも人によっては山奥のほうが酷くなる人もいて、よくわからない。

花粉は風に舞って遠くへ飛んでいくから山は花粉が少ない、だとか

花粉は大気中のチリを結びついて落ちてくるから空気の綺麗な場所は花粉が少ない、だとか

そもそも山奥にいるとあまり外に出ないので外気に触れにくい、だとかいろいろ考えられるけどよくわかんないです。

やっぱり都会より山奥がいい

「今は山奥に住んでるけど、田舎より都会のほうが好き」

と今まで何度も言ってきたんだけど、この前都会に行ってしばらく滞在したらやっぱり山奥がいいなぁと思った。

都会の家って、ギリギリ我慢できる狭さだ。

別に普通に住める。

足を延ばして寝転べる。料理もできる。

でも普通の生活以外のことをしようと思ったら、別の場所が必要になる。踊ることはできない。集まることはできない。

その代わり都会には用途別の豊富に施設があって、たとえば歌いたくなったらカラオケの店に行くし、踊りたくなったらクラブに行けいい。

でもお店使ったらお金かかるじゃん。ニートはお金ないからね、そういう施設が使えない。

都会で暮らすと、お金ない人はいろいろ我慢しなくちゃならない。

でも山奥なら家は広くて、人を集めたり歌を歌ったりできる。

自分の家ならいくら居ても延長料金はかからない。交通費もかからない。

好きなことができる。

 

「都会で遊びたくなったりしませんか?」という質問をよく受けるけど、都会に居たってお金なくて、遊び場所に行けないから意味ないんだよ。学生のころみたいに河原で酒を飲んだり、家でゲームしたりする友達も減ってしまったし。

でも山奥なら無料でできる遊びがたくさんある。川で釣りしたり、植物育てたり、鹿の罠を仕掛けたり。おまけに僕らは共同生活してるから、住人のひとりが漫画やゲームを買ったらある程度共有できる。

お金はあんまり稼げないけど、なるべく働きたくない僕にはちょうどいい。

僕にはやっぱり、都会より山奥がいいなぁ。

山奥ニートと時給

地域の人から、先日の強風で柵が壊れた畑を片づけてくれ時給800円、と言われたので行ってきました。

f:id:banashi1:20170414102433j:plain

支柱と網が絡まって知恵の輪になってる。ニッパーで切って外していく。

しいたけを栽培していた場所だから、“ほだ木”があちこちに置いてあって足場が悪い。

柵を撤去した後にほだ木を一か所にまとめる。これがなかなか大変で、ほだ木が半分土に還っていて運びづらかった。ロードローラーで踏みつぶして全部土にしたくなる。

ほだ木にはカミキリムシの幼虫がたくさんいて、獲って帰って食べようかすごく迷ったけど勇気が出なくて今回は見送った。

f:id:banashi1:20170414102438j:plain

終わった後、時間が中途半端だったので稲の種まき。

万遍なく重ならないように種を撒く。

f:id:banashi1:20170414102505j:plain

塩ニキ(SaltBae)の真似をして種を撒いた。

意外と難しい。

f:id:banashi1:20170414102449j:plain

12時から16時まで4時間やって3200円。ガソリン代で200円引いて3000円の儲け。

一カ月の光熱費9000円なので、10日分の光熱費を半日で稼いだことになる。

作業は急いてやることもなく、途中休憩を挟んでおばあちゃんと雑談しながらなので結構たのしい。いい運動になった。

やっぱりご飯や睡眠は身体動かしたほうが質がいい。

山奥ニートと空き部屋

僕が寝泊りしてるのは元廃校の建物じゃなくて、離れです。

この離れは住む人がいなくなってからは物置と使われていました。

f:id:banashi1:20161227130516j:plain

この離れ、2階部分に2部屋あってそれらは空き部屋になっていた。(写真に写ってるベランダがある部屋は1階で、その下は地下という扱いだ。)

でもそこにも人が入ることになった。今まで母屋に住んでたけど離れに引っ越したG君と、3月から来たテク君だ。

f:id:banashi1:20170411181424j:plain

f:id:banashi1:20170411181735j:plain

掃除途中の部屋。床に少し柔らかい部分があるけど気をつけていれば問題ない。僕の部屋もそんな感じだ。

これで母屋、離れには空き部屋がなくなった。離れには完全に物置スペースになってる部分があるんだけど、そこを修復して住むのはかなり骨が折れそうで現実的じゃない。

これから住む人は同じ集落内に新しく借りた古民家に住むことになるんだろうか。そっちのほうは誰がどう住むか、あまり決まっていない。

他にも地域の方から無料で貸してくれるという空き家情報がちらほらある。でもそれは五味集落ではなくて、そっちまで手を伸ばすと戦力不足になるだろう。「山奥に住むの面白そうだけど集団生活は無理」という人にあっせん出来たらいいなぁ。

山奥ニートと春の嵐

昨日は一日中荒れた天気だった。

風がものすごく強くて、窓はガタガタ鳴り、家が時折揺れるほど。

こんな日はひきこもるしかない。

昼頃起き出して、午後は旅館から帰ってきた組とモンハン。

夜はドミニオンした。

f:id:banashi1:20170411170535j:plain

今日の朝起きたら、昨日の風のせいか離れのガラスが割れていた。

怖いなぁ。ガラスが古いから劣化していたんだろうか。

f:id:banashi1:20170411170926j:plain

 桜が満開近い。

天気がよくないとどうも気分が乗らない。

テレビ局から収録出れるかどうか聞かれ、アンケートとか答えたのにそれっきり何の連絡もなく収録日だと聞かされた日を過ぎた。僕がニートだからいいけど、普通の人なら怒るだろうなぁ。いやニートでも東京まで行くとなるとそれなりの準備が要りますよ。まぁテレビってそんなもんか。でも村の人にテレビ出るって言っちゃったよ、どうしよう。