山奥ニートの日記

ニートを集めて山奥で住んでます。

山奥ニート、北へ(その5)ホヤを食べた

 

banashi1.hatenablog.com

banashi1.hatenablog.com

banashi1.hatenablog.com

banashi1.hatenablog.com

 

 

2017年8月17日。

青森の一泊1900円のホテルをチェックアウトする。

僕は慣れないスーツを着ている。万が一にも遅刻するわけにはいかないから、待ち合わせの30分前から待っていた。

一台の車が停まる。

 

乗っているのは僕の両親の年齢くらいの男女と、20代の若い男の子。

 僕とこの人たちは他人だ。

でもこれから家族になる人たちだ。

 

 

飛行機で来た僕の両親と彼女に合流。

つづがなく結納とかいう儀式を済ませた後は、青森のいいところを車で案内してもらった。

f:id:banashi1:20170903152710j:plainf:id:banashi1:20170903152718j:plain

f:id:banashi1:20170903153003j:plain

f:id:banashi1:20170903153347j:plain

f:id:banashi1:20170903153010j:plain

 それにしても、このホヤって食べ物はわけがわからない。

 世界を見ても、こんな不思議な食べ物ないと思う。

 外見は南国の果物、中身は蛍光オレンジ。

においはガソリンのようだと聞いていたんだけど、新鮮なためか無臭だった。ちょっと残念。

味は「海」としか表現できない。無理やり言葉にすると薄い塩味と苦味。

食感は柿の熟れてぐずぐずになった中心部分。

でも僕がホヤを変わった食べ物だと思う理由は、見た目でも味でも食感でもない。舌が騙される感覚があるんだ。

ミラクルフルーツを食べた後にレモンを食べると甘く感じるアレによく似てる。

ホヤを食べた後に水を飲むと、味の素を一気に舐めたような強烈な旨味が来る!

口の中の唾液にも反応して、どんどん旨味が旨味を呼んでいく。むせ返るくらいの旨味だ。

青森のスーパーではこれが1個100円ほどで売られていた。安い。

まぁここまで言っておきながら、この舌が騙される感覚は誰にも(これから僕の父と母になる人にも)共感されなかった。

いやー、2回食べて2回ともこの感覚味わったから、あると思うんだけどなー。

f:id:banashi1:20170903160826j:plain